日本大学薬学部 薬事管理学ユニット 本文へジャンプ
ユニットのご紹介


 薬事管理学ユニットでは、医療の質や経済性に関わる研究を行っています。

 たとえば、薬剤経済学(ファーマコエコノミクス)の手法を使った研究では、「効果と費用とのバランスを考えたとき、Aという薬とBという薬のどちらを選択すべきか?」、「いくらまでなら患者は受けた医療サービスに支払うのか?」、「行おうとしている方針は費用に見合うだけの効果が得られるのか」など医薬品や薬剤師にかかわる様々な問題を対象としています。

 これらの研究成果は、行政や病院経営者,製薬企業の経営者などのいわゆる「意思決定者」への提言や判断材料として利用されます。


・研究内容

 常に世の中の動きをキャッチし、実践で役立つ研究テーマに取り組んでいます。私達の研究テーマは下記の3領域を柱としています。

  ・薬剤経済学(ファーマコエコノミクス)の実践
  ・薬剤師業務の評価 / 薬局の評価
  ・薬事関連制度の分析・評価









   Copyright (C) 2008 日本大学薬学部薬事管理学ユニット